山形県弁護士会・山形県司法書士会 所属

お気軽にお問い合わせください

遺言・相続に関するご相談

 長い人生の中で、ご家族の死は免れることのできない出来事です。ご家族の方が亡くなると相続が開始しますが、遺産を巡ってトラブルとなるケースは少なくありません。また遺産分割協議が無事に成立しても、不動産の相続登記などその後の遺産承継の各種手続きが煩わしい場合もあります。当事務所では、弁護士・司法書士が、相続の専門家として、幅広くサポートいたします。
弁護士・司法書士 阿部哲|山形県米沢市にある阿部法律事務所・阿部司法書士事務所

遺言

 「遺言」とは、書面によって、生前に自分の財産の帰属を決めておく手続です。遺産を巡るトラブルを防ぐためにも、生前に遺言書を作成しておくことは有効な手段となります。その場合、自筆にて作成するよりも公証役場で作成する公正証書によるほうが確実です。

相続

相続人調査・相続財産調査

遺産分割協議の前提として、誰が相続人なのか、また、何が、どこまでが遺産(相続財産)なのかを確定しておく必要があります。また、相続を放棄するか否かを判断するにあたっても、相続財産がプラスであるかマイナスであるかを知ることは重要です。

遺産分割協議書の作成

相続人全員で相続財産の帰属を決める手続を「遺産分割協議」といいます。「遺産分割協議」の内容を記載した書面を「遺産分割協議書」といい、不動産の相続登記・預貯金の解約など遺産承継の各種手続きで必要となります。

遺産分割調停・審判

相続人の間で遺産分割協議がととのわなかった場合、または、協議ができない場合には、家庭裁判所へ遺産分割調停を申し立てることができます。調停手続では、裁判所での話し合いにより遺産分割の合意を目指します。

調停が整わなかった場合は、審判手続を行うこととなります。審判手続では、当事者の言い分を聞いた上で裁判官が分割内容を決定することになります。

お問い合わせ|山形県米沢市にある阿部法律事務所・阿部司法書士事務所